livedoor NEWS 渡航が語る、逆張りの創作術

八幡という男は、自然にベタ展開を避けて動く

この手のラブコメ作品って、大前提として「主人公とヒロインがほれたはれたする」のが基本ですよね。でも、『俺ガイル』は簡単にそこへ持っていくことはしたくなかったのと・・・

ただ、なんだかんだで八幡って、自然とそうはならない方向に自分で動いていくんですよ。最終的にラブコメ展開になっちゃうのは仕方ないかなと思っていたら、まったくそうはならなくて・・・

(続きは、インタビュー記事で)

『俺ガイル』キャラクターの誕生秘話

ー八幡は「ぼっち」を極めていますが、渡先生もそういうタイプだったんですか?

さすがに八幡ほどではないんですけど、学生時代はひとりで過ごすことも多かったですし・・・(続きは、インタビュー記事で)

ー雪乃はメインヒロインですが、八幡とは違った意味で「ぼっち」を極めていますよね。

主人公とヒロインが似た属性を持っているようにしたいと思っていました。・・・(続きは、インタビュー記事で)

ー結衣は雪乃の対抗ヒロインとして、八幡をめぐる三角関係の一角を担うキャラクターです。

結衣は八幡と雪乃に続いて3番目に生まれました。・・・(続きは、インタビュー記事で)

ー原作での登場は7.5巻と遅いですが、作中では3人目のメインヒロインとして描かれます。

登場こそ遅かったんですけど、じつはキャラクター自体はかなり早くにできていたんですよ。もともとは2巻くらいで・・・(続きは、インタビュー記事で)

ー平塚先生は数少ない大人キャラクターです。

僕もそうなんですけど、八幡の言動を見ていると「いや八幡、それは違うよ」って思うことが多々あると思うんです。・・・(続きは、インタビュー記事で)

14巻をもってひとまず本編は完結しましたが、これから先の八幡たちを描きたい気持ちもありますか?

気になる続き・内容は、インタビュー記事をチェック!

記事

【インタビュー】やはり俺の書くラブコメはまちがっている。『俺ガイル』渡 航が語る、逆張りの創作術 - ライブドアニュース
累計発行部数1000万部を突破し、『このライトノベルがすごい!』(宝島社)では2014年より3年連続で作品部門1位を獲得。同賞で史上初となる殿堂入りを果たすなど、2010年代のラノベ界に燦然と輝く残念系青春ラブコメ
タイトルとURLをコピーしました